トップページ 選客万来とは 通信講座 講演・セミナー依頼 会社概要 お問合わせ
文字サイズを大きく 文字サイズを中くらいにする 文字サイズを小さく

選客万来とは

選客万来の5大非常識
お悩みを抱えていませんか
解決提案

インターネットの登場で中小企業にも客層戦略が可能になった。
この事実に着目するだけで売上粗利益の両方同時に伸ばすことが可能です。

選客万来説明単に流行だから、注目を浴びているからインターネットを活用した集客を行うのではありません。
また戦略なしにインターネットの世界に飛び込むと価格競争に巻き込まれてしまします。
選客万来理論では、多くのお客様に薄利多売でビジネスを展開するよりも、客層を絞り、商品サービスに対して価格以外の価値を見出してくださるお客様(優良顧客・特定客層)と長くおつきできる戦略をお勧めいたしております。
それが顧客と企業の幸せな関係であり、本来ビジネスがあるべき姿だと信じているからです。
もちろん経営の観点からも、売上と粗利益の両方を同時に伸ばすことが可能となります。

これらを実現するためには、商品やサービスの良さを伝えたり、価値観を共有する顧客と企業が出会うための「道具」が必要です。
そのための「低コストかつ効率的な媒体」としてインターネットの活用をお勧めしています。

選客万来オフィス 代表 泉 高憲 公式プロフィール

泉高憲インターネット活用の専門家・コンサルタント・講演講師

専門得意分野:優良顧客獲得戦略、法人間取引 ( BtoB )
選客万来OFFICE代表
有限会社イズミアンドアソシエイツ代表取締役

1973年、大阪生まれ大阪育ち。
幼稚園にベンツで通園、鯉のぼりは宮大工が設置に来る日本一の大きさと
裕福な家庭に育つが小学校6年生のときに父親の会社が突然の倒産。
どん底の生活環境のなか「売上をあげても利益を確保できない会社はすべての人を不幸にする」と学ぶ。

大学卒業後、広告会社勤務を経て2004年、30歳で独立。
顧客ゼロでスタートするも、客層戦略を基軸とした営業戦術と商品開発で 初年度から数多くの上場企業、政党、自衛隊、アメリカ軍などの優良顧客と直接取引することに成功。 独立後、インターネットで開拓した顧客総年商は計測出来ているだけで17.6兆円に達する。

2007年からは販売促進と企業のインターネット活用についてコンサルタント 活動を開始。
単なる売上アップや集客にとどまらず、粗利益とリピート率まで意識した戦略は、多くの経営者から支持を得ているほか、政府系金融機関や日本各地の商工会など公的機関での講演も多い。

■販売促進事業での主な取引実績■
<公的機関>
大阪府・大阪市など各地方公共団体、自衛隊、アメリカ軍
民主党、NEDO技術開発機構など独立行政法人

<主な企業団体>
上野動物園、エバラ食品工業株式会社、コナカエンタープライズ株式会社、株式会社京進、株式会社サンプラザ、株式会社JTB中国四国、株式会社信濃屋食品、株式会社ソニー、株式会社ヤクルト本社、株式会社ローソン、北日本電線株式会社、京銀カードサービス株式会社、財団法人東京動物園協会、社団法人東京トラック協会、セブン工業株式会社、大和ハウス工業株式会社、東亜建設工業株式会社、東洋冷蔵株式会社、日本メディカルマテリアル株式会社、阪神高速道路株式会社、阪神高速サービス株式会社、フランスベッドグループ、みずほインベスターズ証券株式会社、リクルートHRマーケティング 早稲田大学インターナショナル 他多数

※順不同・業態別50音順、敬称略
※弊社と直接お取引いただいているお客様です。
 下請はもちろん共同事業やOEM及び卸形態も除きます。

■公的機関での講演実績■
大阪府、徳島県、日本政策金融公庫札幌支店・宇都宮支店・大阪支店・広島支店・愛媛支店、徳島大学、鳥取県立図書館
仙台商工会議所、宇都宮商工会議所、北大阪商工会議所、徳島商工会議所、鹿児島商工会議所など全国の商工会議所等

■顧問先・コンサルティング実績■
非公開